Professionals

弁護士等紹介
井上 宏
オフカウンセル 井上 宏 Hiroshi Inoue
03-3288-2080(代表) hiroshi.inoue@mmn-law.gr.jp

業務分野

コーポレートガバナンス
危機管理・不祥事対応
刑事法・刑事事件
行政法・入管法

経歴

1983年3月東京大学法学部卒業
1983年4月 - 1985年4月司法研修所(37期)
1985年4月検事任官
以後、東京地方検察庁(刑事部、公判部、特別捜査部)、仙台地方検察庁、甲府地方検察庁、山口地方検察庁(岩国支部長)、東京高等検察庁、法務省刑事局(局付、参事官、公安課長)、法務省大臣官房(司法法制課長、会計課長、審議官)、総務庁(現総務省)行政管理局 等において勤務
2012年11月奈良地方検察庁 検事正
2014年7月法務省 入国管理局長
2017年3月最高検察庁 監察指導部長
2017年6月名古屋地方検察庁 検事正
2018年2月札幌高等検察庁 検事長
2020年1月福岡高等検察庁 検事長
2020年6月退官
2020年10月弁護士登録(第一東京弁護士会)
2020年10月桃尾・松尾・難波法律事務所 オフカウンセル
2021年6月三井金属鉱業株式会社 社外監査役
2022年2月公認不正検査士(CFE)登録

活動・その他

法務・検察行政刷新会議(法務省) 委員(2020年)
養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会(農林水産省) 委員(座長)(2021年)
日本電信電話株式会社 特別調査委員会 委員(2021年)
日本刑事政策研究会 参与(2021年4月~)

論文・出版等

大コンメンタール刑法〔第8巻〕・第18章の2 支払用カード電磁的記録に関する罪青林書院(2014年5月)
刑事訴訟法判例百選〔第9版〕・29「逮捕に伴う捜索・差押え(3)」有斐閣(2011年3月)
法学教室〔326号〕・再現実況見分調書の証拠能力(対話で学ぶ刑訴裁判例)有斐閣(2007年11月)
裁判例コンメンタール刑法〔第3巻〕・第246条の2(電子計算機使用詐欺)等立花書房(2006年11月)
刑事訴訟法判例百選〔第8版〕・46「告発の効力範囲」有斐閣(2005年3月)
ジュリスト〔1216号〕・「自動車運転による死傷事犯に対する罰則の整備について」有斐閣(2002年2月)
新実例刑事訴訟法〔第1巻〕・3「コントロールド・デリバリーの可否」青林書院(1998年8月)
ジュリストブックス・刑法の平易化有斐閣(1995年6月)(共著)