Practice Areas

業務内容

主な取扱分野

M&A

当事務所は、国内外のクライアントに対し、数多くのM&A取引においてリーガル・サービスを提供してまいりました。M&A取引においては、合併、株式売買、事業譲渡、株式交換・移転等の様々な法的手法を検討し、企業戦略や投資を実行することとなります。当事務所は、会社法、独占禁止法、金融商品取引法、知的財産法、労働法、各種業法等、M&A取引の論点となる法分野に精通する各弁護士が、当該取引のニーズに合った効率的なチームを編成し、スキーム立案、デューディリジェンスの実施、基本合意書・最終契約に関する交渉、ドラフティング、入札プロセスの支援、公正取引委員会等の当局への届出対応、クロージング後のPMIなど、M&A取引の全過程にわたって法的サポートを提供しています。

当事務所が関与した案件には、グローバルに事業を展開する上場企業同士の統合案件をはじめとして、事業会社による中小規模の企業の戦略的買収、事業再編に伴う戦略的事業撤退、将来を見据えたベンチャー企業やスタートアップ企業の買収、PEファンドによる投資、中小企業の事業承継に伴うM&Aなど、様々な規模、類型の案件が含まれます。

当事務所は、国内の企業間のM&Aのみならず、海外のグローバル企業や投資ファンドをクライアントとするインバウンドM&A、グローバルな事業展開を行う大手日本企業をクライアントとするアウトバウンドM&Aなど、クロスボーダー案件も数多く手がけております。当事務所は、国際的なローファームのネットワークであるINTERLAWのメンバーファームであり、必要に応じてこのネットワークを駆使し、世界中のあらゆる地域におけるM&A取引をサポートしています。

また、当事務所は、国内外を問わず、M&Aに関連する紛争案件について豊富な経験を有しており、敵対的買収提案や支配権争奪等の有事対応にも多くの実績を残してまいりました。これらの経験を基に、クライアントの多様なニーズにも十分に応える幅広いリーガル・サービスを提供しております。