Lawyers

弁護士紹介
松尾 剛行
パートナー 松尾 剛行 Takayuki Matsuo
03-3288-2080(代表) mmn@mmn-law.gr.jp

業務分野

中国関係
コーポレート・会社法・M&A
情報法(AI・ロボットを含む)
労働法
行政法・公共政策
紛争・訴訟・仲裁
知的財産権
刑事事件

経歴

2006年3月東京大学法学部卒業 (法学士)
2006年4月 - 2007年9月 司法研修所(60期)
2007年9月弁護士登録(第一東京弁護士会)
2007年9月桃尾・松尾・難波律事務所入所
2013年5月アメリカ合衆国ハーバード大学ロースクール卒業 (LL.M.)
2014年12月アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士登録
2015年6月中国北京大学法学院中国法修士課程卒業 (LL.M.)
2018年4月慶應義塾大学 非常勤講師
2019年1月桃尾・松尾・難波法律事務所パートナー就任

活動・その他

その他の研究成果等につきリサ―チマップ(https://researchmap.jp/tm1984/)の記載を参照。

論文・出版

《日本語版》
AI・HR テック対応 人事労務情報管理の法律実務弘文堂(2018年12月)
ロボット法勁草書房(2018年1月)
事例式 寺院・墓地トラブル解決の手引新日本法規(2017年10月)
最新判例に見るインターネット上のプライバシー・個人情報保護の理論と実務勁草書房(2017年7月)
士業のための改正個人情報保護法の法律相談学陽書房(2017年6月)
プライバシーなんていらない!?勁草書房(2017年4月)
裁判例から考えるシステム開発紛争の法律実務商事法務(2017年2月)
クラウド情報管理の法律実務弘文堂(2016年9月)
金融機関における個人情報保護の実務経済法令研究会(2016年7月)
最新判例にみるインターネット上の名誉毀損の理論と実務勁草書房(2016年2月)
実務に効く 国際ビジネス判例精選 (ジュリスト増刊)有斐閣(2015年8月)
金融・商事法判例の分析と展開(別冊金融・商事判例)経済法令研究会(2013年5月)
Q&A株主総会の実務商事法務(2012年3月)
企業不祥事判例にみる役員の責任(別冊金融・商事判例)経済法令研究会(2012年3月)
Q&A企業の情報管理の実務新日本法規(加除式)
《英語版》
中国資本市場への外国投資(Foreign Investments on Chinese Capital Markets)Mohr Siebeck(2017年)
ロボット工学、オートノミクス及び法(Robotics, Autonomics and the Law)Nomos(2017年)
国際詐欺及び資産追跡(International Fraud and Asset Tracing)Sweet & Maxwell(2011年9月)
《中国語版》
刑事法評論ー刑事法規範の二重性論北京大学出版社(2017年)