Lawyers

弁護士紹介
松尾 眞
パートナー 松尾 眞 Makoto Matsuo
03-3288-2080(代表) matsuo@mmn-law.gr.jp

業務分野

会社法
保険関連法
独禁法
訴訟・仲裁
国際取引・国際通商

経歴

1973年3月東京大学法学部卒業
1973年4月 - 1975年4月司法研修所(27期)
1975年4月弁護士登録(第一東京弁護士会)
1975年4月 - 1977年7月 尾崎・桃尾法律事務所勤務
1978年5月アメリカ合衆国コロンビア大学ロースクール卒業
1978年5月同ロースクール、マスターオブロー授位
1978年8月 - 1980年7月アメリカ合衆国ニューヨーク州 Weil, Gotshal & Manges 法律事務所勤務
1979年アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士登録
1980年尾崎・桃尾法律事務所パートナー就任
1989年4月桃尾・松尾・難波法律事務所開設
1997年4月 - 2005年3月 日本大学法学部 非常勤講師 「国際取引法」担当
2005年4月 - 2013年3月一橋大学法科大学院 非常勤講師 「ワールド・ビジネスロー」分担
2009年 - 2011年東京農工大学大学院技術経営研究科(MOT) 客員教授

活動・その他

国内外独禁刑事・民事事件(国内審査事件、米国独禁民事訴訟、国際カルテル刑事事件等)、
ブランド品・映像著作物・ソフトウェア侵害事件、
役員責任追及訴訟・株主代表訴訟、
上場企業の内部調査委員、コンプライアンス委員等

株式会社カプコン社外取締役
ソレイジア・ファーマ株式会社社外監査役
住友林業株式会社社外監査役

論文・出版

《日本語版》
リーガルサービス業とは何かILS出版(2016年4月)
株主代表訴訟の実務弁護実務シリーズ 第3巻 東京法令出版(2002年)334頁
事例中心 弁護実務シリーズ 5 独禁・知財・渉外東京法令出版(2002年4月)
新しい株主代表訴訟制度と会社の対応ビジネス法務(2002年3月号)44頁
米国独禁法の域外適用の進展について日米法学会機関紙「アメリカ法」(1999年1号)
不正競争の法律相談/登録商標の抗弁青林書院(1997年)分担執筆
商標の法律相談/権利の濫用青林書院(1997年)分担執筆
株主代表訴訟と役員賠償責任保険中央経済社(1994年6月)
米国における役員賠償責任の現状税務弘報(1994年1月号)35頁
国際的周知商標の保護について国際商事法務(1993年)Vol.21 No.8. 991頁
コダック社の抱き合わせ事件/米国・EC独禁法判例研究公正取引 No.509(1993年3月)60頁
アメリカにおける環境リスクの現状産業公害Vol.28(1992年7月号)13頁
PLリスクの評価と対策経済界M&A(1991年11月号)41頁
日本企業による陪審裁判の勝訴 ~ゴービデオ独禁法違反訴訟について~国際商事法務(1991年)Vol.19、No.7
米国における弁護士業務専門化の動向自由と正義(1991年7月号)61頁Vol.42、No.7
手続き法上の改善と簡易紛争処理機関の創設からSuccess Link(1991年3月号)12頁
外国における訴訟の提起とその対応 ~米国における裁判についての送達~・証拠調を中心として自由と正義(1988年12月号)20頁Vol.39、No.12
国際弁護士への途(座談会)ジュリスト739号(1981年5月1日号)15頁
日本人の米国法曹資格取得とその意義ジュリスト700号(1979年9月号)88頁
《翻訳》
米国1982年輸出商社法の概要 [第1部]国際商事法務Vol.11、No.1、13頁 A.P.ビクター、D.R.ブラニー(松尾眞訳)
独占的企業に対する米反トラスト政策の新展開ATT/IBM訴訟の解決について国際商事法務Vol.10、No.5、245頁 A.P.ビクター、S.M.キャッツ(松尾眞訳)
米国連邦海事委員会のリベート調査国際商事法務Vol.10、No.2、71頁(1982年)A.P.ビクター(松尾眞訳)
合衆国の国際貿易法及び関税法に関する諸決定の司法審査 1980年関税裁判所法国際商事法務Vol.9、No.5、209頁(1981年) A.P.ビクター、S.M.ローゼン、B.M.ミッチェル(松尾眞訳)
《英語版》
Merger and Acquisitions under Japanese Law(Antitrust Law Journal / ABA Vol.52-4 1983) <日本法の下でのM&A>
Litigation in Japan / A Trial Practice and Procedure Manual(Pamphlet ABA / Litigation Section 1979)<日本における訴訟/訴訟手続と実務のマニュアル>